海外に居ながら日本でハードコンタクトレンズを作る方法?!

最終更新日

頑張って現地の病院に行き、ハードコンタクトレンズをゲットできると思っていたので、凹みながら帰宅した私。

すぐに保険会社に連絡し、ハードコンタクトレンズの相場等を聞きながらよい方法がないか相談をしてたら…なんと、日本で買ってきても前回の検査の処方箋と一緒に提出してくれれば補助が出ますよと!!?

ビックコンタクト でコンタクトレンズを作っていた私は、日本に処方箋が登録してあるため(一度でも利用したことがれば同じコンタクトなら買えるそうです。)、夫が来月一時帰国するときに、そのコンタクトをゲットさえしてもらえればそれでOKなことがわかり・・(^^)笑

本当にビックコンタクト 様様です。。これでレンズが初めてで合わないっという心配もないし、それなら夫に買ってきてもらうまでは、この処方箋を使って日本で使っていたソフトコンタクトを買えばそれで大丈夫じゃーん❣️と、急に明るくなった私(なんて単純!笑)
そのままの勢いでこの間の処方箋をもとにネットでソフトコンタクトを注文してみたところ…

「この処方箋はメガネ用だからオーダーできません。」と返信が(`・∀・´)
えーーーーーー
なんでコンタクト用に取った検眼結果が、メガネ用なの?
意味わからないけど、英語で病院にクレームはできない!!ので(笑)、また保険会社に電話。。いつも担当してくださる2名の方が、笑いながら明るくご対応頂いていたので、すっかり甘えていました♡ありがとうございます♡
でも、その方も、こんな事例初めてです!と笑いながら(笑)三者で電話するので聞いていてくださいっと。(今ってほんと便利ー‼)拙い英語で一応会話を聞いていると・・

どうやら、この病院はむしろちゃんとし過ぎてて、フィッティングをしないとソフトでもハードでもコンタクトレンズの処方箋は出せないとのことでした。。
しかも実はとっても親切な病院で、次回はフィッティングのみですが、再検査・フィッティング代が自腹に(年一度しか検眼は受けられない保険契約なので)ならなくて済むように、前回の請求をなかったことにしますっと!しかも、あらかじめ使用したことのあるソフトコンタクトを教えてくれば、それをオーダーして用意もしておきますっと♡フィッティングといってもお試しに一週間分もらえたので、事前オーダーしてもらっておくとよいですよ!

あー保険会社に相談してみて本当に良かった。

これで、ようやくコンタクトが買えると安心した矢先…この処方箋じゃだめだからコンタクト用の処方箋を送ってと言ってきたネットショップから、

Your contact lenses have shipped!
とメールが✉️笑

え・・?

それなら、こんなトラブル必要無かったのにー⁉️と思いつつ、まぁもううまくいきそうだし、良しとするか♡(笑)


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »