ニューヨーク近郊旅行におすすめ☆新鮮な魚介類を食べたいならメイン州ポートランドへ!You Must Visit Portland if You Love Seafood♡

最終更新日

北海道の魚介類を食べて育った私は、大のお刺身好き♡アメリカに来てからはサーモンばかりで…もっと他のお刺身もお腹いっぱい食べたいとストレスが溜まっていたので、魚介類が美味しいと評判のメイン州ポートランドに行くことにしました◎

日本人御用達!?新鮮なお刺身を買いたかったらISF Trading

在米日本人だとご存知の方は結構いると思いますが、ISFtradingは北米のウニ工場として有名です。地元でウニを捨てていることを知った日本人の社長さんが作った工場だとか。

でもこの工場、入るのに勇気が入ります。だって看板も無いし本当にここで合っているのかと…笑 

思い切ってこのビニールの暖簾をくぐって中に入ってみると、日本人客らしき人と注文している日本語が聞こえてくるので、ここであっているとわかって一安心(笑

※正午から夕方まで営業していますが、行く前に電話(+12078791575)して営業しているか確認した方が良いです。

ボードを見ながら注文をすると(日本語可)、お姉さんがお刺身や魚介類を発泡スチロールの保冷ボックスに保冷剤と一緒に入れてくれます。その場で食べたい場合は、別室で食べれるようでしたが、せっかくなら炊き立てご飯と食べたかったので、我が家はお持ち帰りすることに♪ちなみに私の一番のおすすめは、帆立です。お刺身として、塩レモンをかけて食べてみたら、生臭くもなく濃厚でとにかく美味しかったです◎

もちろん有名な塩水ウニも買いましたが、これも激ウマ。ウニが元々は好きでは無い私でもトロけて美味しいと思ったので、ウニ好きには堪らないと思います。日本と比べても破格な値段なので、買うべき一品です。因みに、メイン産のビールと一緒におつまみとして食べると一気に幸せな気持ちになります♡笑

ホッケといくらは冷凍だったのでまだ食べていませんが、ホッケは肉厚で日本食スーパーの物より美味しそうだなぁとかなり楽しみにしてます♡

地元人気店!生きてるロブスターを買うならFree Range Fish &Lobster

先ほどのISF Tradingから車で1分の場所にあるこのお店。看板からしてロブスター取り扱ってる感満載で、期待して入ると、新鮮そうな魚介類とロブスターの生簀が◎

大きさに応じてロブスターの値段が異なり、うちはQuarterを買ってみました。その日に食べるならソフトシェルのものがオススメとのこと☆生牡蠣や貝を買っている人も多かったので、美味しいんだろうな〜と思って貝もお買い上げ♡そしたら親切な店員さんがベビにロブスター飴をくれちゃった(笑)

裏に$3.99ってシール貼ってあるのに良いのかな…太っ腹過ぎてビックリしたものの、店員さんの感じも良いし、お家に帰ってロブスター食べたら塩茹でしただけなのに美味しくて、ポートランドに行ったらまたリピ買いすること確定です(^^)ロブスターロールを買うよりそのまま生きているロブスターを買って茹でた方がコスパも満足度高いこともわかったしね…笑

茹でる前
茹でたら色が変わりました〜☆

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »